hiroy's blog

令和3年秋に京都二拠点生活開始

京都二拠点生活3-16_手のひらの京

新潮文庫綿矢りさ著「手のひらの京」を読んだ。

著者は京都出身の37歳、早大在学中の19歳の時に「蹴りたい背中」で芥川賞を受賞した。

蛇にピアス」で同時受賞した金原ひとみも20歳と若く、当時話題の二作を載せた文藝春秋誌を買い求めた。

あれから18年、今は専業作家と育児を両立しているそうだ。

本作は、京都で生まれ育った三姉妹の話で、京の風景や生活が垣間見えて面白い。

実家は二階の物干し場から左大文字がすぐ近くに見え、歩いても30分ほど、とあるので、金閣寺の付近だろうか。

末娘が通う大学院の背後には衣笠山があり、家から歩ける距離なので、これは立命館かな、とか想像するのも楽しい。

幼い頃から、その山に入ってはいけない、あのエリアはダメ、あの川付近もダメ、と親に言い渡される場所が多く、子ども時代は遊ぶ場所に苦労した、とある。

引越ししたいと訴えると、穏やかな長姉も「この土地の複雑さに私はついていけない」と呼応するのが面白い。

f:id:HIROY:20210831182831j:image