hiroy's blog

令和3年秋に京都二拠点生活開始

京都二拠点生活3-2_ホテル浄教寺

9月に生活道具を部屋に運び込んだ際は、近くの三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺に2泊した。

寺町通四条下る"の寺院境内に開業して1年、新しいホテル建物の1階に本堂が組み込まれている。

正式名称は多聞山燈籠堂浄教寺、知恩院を総本山とする浄土宗寺院の御本尊は、例外なく阿弥陀如来だそうだ。

1171年頃、平清盛の長男重盛が東山の別邸(現正林寺)に御堂を建て、燈籠堂と称されたのが始まりで、平家滅亡により荒廃したが、室町時代の1449年に後花園天皇より寺名を下賜された。

1591年豊臣秀吉の洛中寺社整理により現在の地に移転したという。

ホテル宿泊者に限り朝勤行に参加できるとのことで、早起きして20名ほどの一群に加わった。

暗く荘厳な本堂には金色の燈籠が灯され、第44世住職の読経のなか、参加者が順に焼香する。

住職のお話しを含め30分程で"朝のおつとめ"が終了したあとは、開祖法然平重盛公の像が佇む堂内を見学させて頂いた。

f:id:HIROY:20210921142718j:image