hiroy's blog

令和3年秋に京都と2拠点生活を開始

京都本、テレビ

たまに京都生活4-44_京都本

京阪神エルマガジン社のムック「京都本」最新刊を読んだ。 人気シリーズで、過去に「おとなの京都本」「体験が楽しい〜」「寺と神社をあそぶ〜」「ひとりで歩く〜」「みんなの〜」「地図で遊ぶ〜」「ツウ好みの〜」など読んできたが、今回は2年ぶりの発行ら…

たまに京都生活4-43_お茶の味

徳間書店の永江朗著「ときどき、京都人。」に一保堂茶舗の項がある。 創業三百年、寺町通二条の老舗で、著者の町家から近い。 文中に、一保堂の奥さん、渡辺都さんのエッセイ「お茶の味」の紹介があり、文庫版を読んでみた。 島根から嫁いで日常感じたさまざ…

たまに京都生活4-42_65歳からの京都

京阪神エルマガジン社の永江朗著「65歳からの京都歩き」を読んだ。 著者は1958年北海道生まれ、編者者など経てフリーのライターに、NHKラジオ深夜便で「やっぱり本が好き。」の書評コーナーを持つ。 2011年から、セカンドハウスとして御所南に茶室のある町家…

たまに京都生活4-41_隠れ紅葉

月刊京都11月号の特集は「隠れ紅葉の寺社とお抹茶」。 最初は"もみじに染まる隠れ紅葉寺"で、常照皇寺、神光院、正伝寺、三明院、海住山寺、岩船寺を紹介、何処もよく存じ上げなかった。 次は"お茶室を彩る美しい紅葉"で、常照寺、光悦寺、金福寺。 "お…

たまに京都生活4-39_開陽亭

Leaf10•11月号を読んだ。 京都・滋賀の旬な情報を紹介する隔月誌で、本号のテーマは「洋食&定食」。 巻頭の京都洋食ニュース①は、今年2月先斗町から宮川町に移転した「欧風料理 開陽亭」だ。 1915年祇園で開業した老舗、今は四代目シェフが親子で腕を振…

たまに京都生活4-38_京喫茶

月刊京都10月号の特集は「古き良き京喫茶店」。 居心地の良い"リノベーション喫茶"は元銭湯のさらさ西陣、ハシゴカフェ、京都市電の架線詰所だったカイカドウカフェ、宇治の元牛舎の基牛舎。 雰囲気が素敵な"古民家喫茶"はeXcafe 嵐山本店、パンとエスプ…

たまに京都生活4-35_歩く地図

上洛の前に「歩く地図 京都散歩 2023」を読み返した。 このガイド本が好きで3冊目になる。 1日で5〜7ヶ所を巡る散歩コースが44もあり役に立つ。 足を踏み入れていないのは、洛西の#26大原野、#27善峯寺・十輪寺、#28光明寺・長岡天満宮と、洛北の#32実相…

たまに京都生活4-34_京都まみれ

2016年新書大賞に輝いた「京都ぎらい」の続編、井上章一著「京都まみれ」を読んだ。 嵯峨で育った著者の、代々洛中に生まれ住む「京都至上主義者」に対する揶揄、批判が中心だが、京都トリビアとしても面白い。 ・京都から東京への遷都令は出ていない、が彼…

たまに京都生活4-33_長月

京都手帖を眺めると"長月"はお月見の行事が多い。 9月10日"中秋の名月"を中心に各寺社で催しがある。 神泉苑観月会、八坂神社祇園社観月祭、北野天満宮名月祭、下鴨神社名月管絃祭、上賀茂神社賀茂観月祭、平野神社名月祭、智積院観月会、退蔵院観月茶会…

たまに京都生活4-32_京都ぶらり

8月のBS朝日「京都ぶらり歴史探訪」で"外国人御用達タクシーでめぐる京都の旅"を見た。 まずエリザベス女王が来日時に絶賛した龍安寺石庭、スティーブ・ジョブズも強く惹かれていたという。 次は新門前通へ、骨董品や古美術の店が並び、30年前ジョブズは正…

たまに京都生活4-31_ちょこっと京都

7月から8月にかけ、TVドラマ「ちょこっと京都に住んでみた。」続編を楽しみにしていた。 2年半ほど前に放映された前編は、仕事を辞め落ち込む佳奈(木村文乃)が、一人暮らしの叔父(近藤正臣)を見舞い、町家で数日過ごすうち、京都の奥深さに触れて元気を…

たまに京都生活4-30_朝時間

月刊京都8月号の特集は「朝時間、朝食ちょっとお昼も」だ。 料理屋の和朝食、カフェのモーニング、ホテルブレックファストなど紹介する。 瓢亭の朝がゆ4840円は贅沢だが、旬菜いまりの定食1500円は試してみたい。 高木珈琲店高辻本店のAセット800円、やまも…

たまに京都生活4-27_山鉾

月刊京都7月号の特集は「祇園祭に再び出会う」。 巻頭を飾る「山鉾図鑑」は話題の鷹山をピックアップ、196年ぶりに後祭の巡行に復帰する。 前祭の山鉾は"くじ取らず"で先頭を務める長刀鉾、同じ四条通の函谷鉾、月鉾、郭巨鉾、四条傘鉾、室町通の菊水鉾、…

たまに京都生活4-26_祇園祭

京都手帖を眺めると"文月"も七夕祭など行事が多いが、何と言っても3年振りの祇園祭が楽しみだ。 開催期間は7月1日から31日、2日に「山鉾巡行」の順番を決める「くじ取り式」が行われ、前祭(さきまつり)の「山一番」は「孟宗山」に決まった。 10日は八坂…

たまに京都生活4-24_地球の歩き方②

巻頭特集「京都でしたいこと10」の06は"おだしが主役の美食に酔う"。 うどんすきの権太呂、親子丼のひさご、しっぽくうどんの冨美家など、散歩コースのひさごはいつも行列だ。 親子丼は西陣鳥岩楼も美味しかった。 07は"幕末の歴史の舞台へ"、新選組訓練…

たまに京都生活4-23_地球の歩き方

「地球の歩き方 2023-2024 京都」を読んだ。 海外旅行の定番本、国内版は初めて買った気がする。 巻頭特集に"京都でしたいこと10"があった。 01世界遺産の寺社を訪ねる →全17ヶ所達成 02花街で舞妓さんに会う →遭遇は多々あるがお座敷経験なし 03艶やかな…

たまに京都生活4-22_Blue 修行中

先月のNHKBS「京都人の密かな愉しみ Blue 修行中 門出の桜」では、醍醐寺や琵琶湖疏水、伏見運河などの桜を映していた。 「京都人の密かな愉しみ」は、常盤貴子主演で2015年から17年にかけ5作放映された。 「Blue 修行中」は設定、キャストを変え17年から開…

たまに京都生活4-21_水無月

京都手帖を眺めると"皐月"に続き"水無月"もいろいろ行事がある。 残念ながら5月15日の葵祭の行列は今年も中止になった。 6月に大きい祭りは無いが、市関連では、4日梅小路公園手づくり市、5日東寺ガラクタ市、随心院小町手づくり市、11日岡崎公園平安楽…

たまに京都生活4-16_卯月

京都手帖を眺めると"卯月"もいろいろ行事が多く、各所で春祭りが催された。 今月NHKBS「CORE KYOTO」の再放送で"やすらい祭り"を取り上げていた。 今宮神社など紫野で千年以上続く、人々の無病息災を願う祭りで、"鞍馬の火祭り"や"太秦の牛祭り"とと…

たまに京都生活4-11_源氏ゆかり

今月のBS朝日「京都ぶらり歴史探訪」で源氏所縁の地を紹介していた。 テーマは"都の源氏を巡る〜京都でわかる鎌倉殿〜"、五条大橋の牛若丸・弁慶像からスタートし、神泉苑、六孫王神社、北野天満宮、法観寺八坂の塔、石清水八幡宮など案内する。 六孫王神…

たまに京都生活4-10_銭湯

今月再放送の旅チャンネル「ニッポン百年紀行」で、京都の"老舗三大浴場"を紹介していた。 職人の街は銭湯激戦区で、今でも市内に140軒以上あるそうだ。 その中で百年を超えて営業する松葉湯、長者湯、竹殿湯が取り上げられた。 松葉湯はJR円町駅の北東10…

たまに京都生活4-9_弥生

京都手帖を眺めると"弥生"もいろいろ行事がある。 3日は桃の節句、上賀茂神社や下鴨神社で神事の流し雛が行われるが、下鴨は中止になったようだ。 19日から仁和寺で御室はなまつり、20日からは石清水八幡宮で男山桜まつりが始まる。 21日はお彼岸、各寺院…

たまに京都生活4-8_苔寺

今月再放送のNHK BS「CORE KYOTO」は"古都の苔文化 〜 侘び寂びが生んだ 繊細な美"がテーマ、臨済宗西芳寺を取り上げていた。 "苔寺"には一昨年11月に往復ハガキで事前申込みのうえ参拝した。 古都京都の世界文化遺産17ヶ所の中で最も冥加料が高かったが…

たまに京都生活4-7_豊国神社

先月のBS朝日「京都ぶらり歴史探訪」で、初詣に訪れた豊国神社を取り上げていた。 テーマは「神になった天下人 信長 秀吉 家康」、豊国神社の他に、信長を神として祀る建勲神社、境内に東照宮がある金地院がセットだ。 秀吉は自ら神となることを望み、後陽成…

たまに京都生活4-5_如月

怖いもの見たさで、2月の冷え切った京都を体験したい気持ちもあったが、オミクロンの感染拡大で、上洛は難しい状況だ。 京都手帖を眺めると"如月"も様々な行事がある。 2〜4日は節分祭、吉田神社や壬生寺、千本ゑんま堂が有名で、立春の前日に邪気や災厄を…

たまに京都生活4-4_京都手帖

光村推古書院の「2022京都手帖」を眺めた。 竹笹堂木版画の表紙と毎月の見出しの絵柄が素敵だ。 週間カレンダーに行事がぎっしり詰まり、"睦月"も空欄の日は少ない。 コラムには季節の甘味、名所・名店など紹介され、観光マップや社寺、文化施設の拝観デー…

京都二拠点生活3-29_大人絶景旅

朝日新聞出版「京都 大人絶景旅」21-22年版を眺めた。 所謂観光ガイドブックを買うのは久しぶりで、初心に戻って名所を回りたい。 東福寺の通天もみじが映える表紙に"そのまま巡れるコースプラン"とあり、テーマ別に日帰り〜2泊3日、エリア別に半日+1時間…

京都二拠点生活3-28_京都のいいとこ

朝日新聞出版の大橋知沙著「京都のいいとこ。」を読んだ。 著者は、東京でライフスタイル系の編集者を経て、2010年京都に移住、築約80年の家に住む。 帯に"選りすぐりの90軒、街を歩き、店を訪ねて、人に出会う。それが京都の宝物"とある。 エリア別に、御…

京都二拠点生活3-27_カフェガイド

朝日新聞出版「京都カフェ2022 Kyoto CAFE GUIDE」を眺めた。 以前購入したのは2016版なので、だいぶ中身も変わっている。 クローズもあれば、新店も多く、京都はカフェ激戦地だ。 今年7月寺町通にオープンした THE CITY BAKERY Kyoto Kawaramachi は NY発の…

京都二拠点生活3-26_古民家カフェ

世界文化社の川口葉子著「京都 古民家カフェ日和」を読んだ。 著者はライター、喫茶写真家と紹介され、表紙に"古都の記憶を旅する43軒"とある。 本書では古民家カフェを「築50年以上の建物を転用・再生したカフェ」と定義するが、江戸時代からの建物もある…